診療内容

写真:病理診断科

病理診断科といっても馴染みがないかもしれませんが、病気の診断、その進行の度合、治療法の決定、手術範囲の決定、治療効果の判定など、病院を訪れた患者様と深く関わっています。

医師のご紹介

病理診断科の業務

病理診断科では、以下の業務を行っています。

病理組織診断

 胃、大腸や、皮膚等の病気と思われる部の取り出されたほんの僅かな体の組織につき、又は、手術で摘出された臓器につき、顕微鏡を使用してミクロのレベルで、病気の診断を行います。

細胞診

 体から、腹水、胸水、喀痰、尿、或いは、乳腺、甲状腺等に針を刺し、そして吸引し、これらの中にある細胞を集め、染めた後、顕微鏡を利用して、これらの細胞が、癌か、或いは、癌でないのかを診断しています。

術中迅速診断

 手術中に、摘出された小さな組織に対して、種々操作を加え、十数分後、顕微鏡を利用して、手術中に上記の病理組織診断を行っています。同様に、細胞診でも、行っています。この結果を基に、手術者は手術方法や手術範囲を決めることがあります。

病理解剖

 不幸にも病気にて亡くなられた患者様のご遺体を、ご遺族の承諾を戴いた後、合併症や、治療効果等を検索させて戴いて、診療の向上等に役立てるという重責も担っています。

日本病理学会研修登録施設
日本臨床細胞学会施設認定

細胞検査士(JAC), 国際細胞検査士(IAC)、認定病理検査技師、医療情報技師