当科の紹介

診療スタッフ

 形成外科とは何か? ご存知ない方も多いかと思います。
形成外科は、病気やケガによって失われた機能や外見を取り戻すことを目的としています。
単に機能だけでなく見た目も配慮した治療を行っております。
当院の形成外科では、おもに以下のような病気に対して治療を行っております。

医師のご紹介  外来診察表

主な診療内容

  • 皮膚のケガ・やけど
    傷を早くきれいに治すため、創傷被覆材を使用しています。
  • 床ずれ(褥瘡)
    手術せずに治ることも多いですが、重症の場合は手術を行います。
  • 傷跡の修正、ケロイド
    傷を早くきれいに治すため、創傷被覆材を使用しています。
  • 皮膚・皮下腫瘍
    ほくろなど皮膚のできものを、なるべく傷が目立たないよう切除します。
  • 顔面の骨折
    目、鼻、ほほ、あごの骨折について担当しています。
  • 眼瞼下垂
    老化やコンタクトレンズが原因で、まぶたが下がることがあります。
  • 顔面神経麻痺
    麻痺すると顔の動きが悪くなり、見た目だけでなく食事などにも支障をきたします。
  • リンパ浮腫
    がんの手術後などに、手や足がむくんでしまうことがあります。
  • 巻き爪
    痛みの少ない治療を行っています(ワイヤー矯正、フェノール法)
  • 先天異常
    体の表面の生まれつきの異常を担当しています。
    手足(多指症、合指症)
    口(口唇裂、口蓋裂、顎裂)
    耳(小耳症、埋没耳、折れ耳、副耳)
    でべそ

※レーザー治療、美容外科は行っておりません。

医療関係者の方へ

常勤医師が不在のため外来は週2回のみとなっており、ご不便をおかけしております。
他科とも連携してなるべく柔軟に対応しておりますので、ご紹介下さいますようお願い申し上げます。

研修医募集

当院形成外科には常勤医師はおりませんが、希望があれば随時研修は可能です。

疾病情報

皮膚のケガ・やけど

切り傷については、なるべく傷跡が目立たないよう特殊な縫い方(埋没縫合、真皮縫合)で丁寧に傷を合わせます。

切り傷

 やけどや擦り傷など縫えないような傷については、ガーゼなどではなく創傷被覆材を使用しています。痛みも少なく、早く治り、傷跡も残りにくいです。

やけど

当院での診療科:形成外科、皮膚科

床ずれ(褥瘡)

 寝たきりの方や車椅子の方にできます。創傷被覆材などで手術せずに治ることも多いですが、傷が大きく深い場合は手術を行っております。傷の近くの皮膚や皮下脂肪を移動して、傷をふさぎます(皮弁術)。

床ずれ

当院での診療科:形成外科、皮膚科

傷跡の修正、ケロイド

 ケガや手術によってできた傷跡を、特殊な縫い方(埋没縫合、真皮縫合)で丁寧に縫い直します。完全に消すことはできませんが、かなり目立ちにくくなります。
傷跡が赤く盛り上がってしみだすような形になっているものをケロイドと呼びます。この場合はステロイドテープや注射を行います。手術で切り取る場合は、再発を防ぐために電子線治療も追加します。

ケロイド 傷跡

当院での診療科:形成外科

皮膚・皮下腫瘍

 皮膚や皮下脂肪にできる腫瘍(できもの)が対象です。
 例:ほくろ、粉瘤(ふんりゅう)、脂肪腫など傷跡がなるべく目立たないように切除します。

皮膚・皮下腫瘍

当院での診療科:形成外科、皮膚科

顔面の骨折

 目、鼻、ほほ、あごの骨折について担当しています。骨を元の位置に戻し、必要であればプレート(小さい板)で骨を固定します。傷跡に配慮して、なるべく目立たないような口や鼻の中などから手術を行います。

当院での診療科:形成外科、耳鼻科

眼瞼下垂

 老化やコンタクトレンズが原因で、まぶたが下がることがあります。視野がふさがれて前が見づらいだけでなく、見た目の印象も悪くなります。肩こり、頭痛、不眠などの症状が出ることもあります。手術は日帰りでも可能ですが、まぶたが腫れて人前に出づらいため数日入院される場合もあります。

(1)まぶたの皮膚がたるんでいる場合は、たるんだ皮膚を切り取って縫い寄せます。
二重まぶたの線に沿って皮膚を切る方法と、眉毛の下で皮膚を切る方法(眉毛下切開)があります。

眼瞼下垂

眼瞼下垂

(2)まぶたの筋肉(眼瞼挙筋)が弱っている場合は、筋肉を縫いつけ直します(眼瞼挙筋前転術)。より開けやすくなるように、二重まぶたにすることが多いです

眼瞼下垂、眉毛下

当院での診療科:形成外科、眼科

顔面神経麻痺

 ケガ、腫瘍、ウイルスなどが原因で起こります。麻痺すると顔の動きが悪くなってしまいます。見た目だけでなく、機能的にも支障をきたします。まぶたが閉じられず眼球が乾く、口が閉じられず食べ物がこぼれる、などの問題が起こります。
時間とともに自然に回復することが多いですが、回復する見込みが低い場合は手術を行います。

  • 眉毛挙上術:眉毛を吊り上げてまぶたが開くようにします。
  • 筋膜移植術:まぶたや口を引っ張って、左右対称に近づけます。
  • 交叉神経移植術:神経を移植してバイパスを作り、筋肉が再び動くようにします。
  • 遊離筋肉移植術:筋肉を移植して、顔の動きを再建します。

当院での診療科:形成外科

リンパ浮腫

 がん(子宮がん、乳がん、前立腺がんなど)の手術でリンパ節を摘出すると、リンパ管の流れが悪くなります。その結果、水分がたまって手や足がむくんでしまうことがあります。これがリンパ浮腫です。

 まずは保存的治療(包帯や弾性ストッキングによる圧迫、マッサージ)を行います。効果が弱い場合などに手術(リンパ管静脈吻合術)を行います。リンパ管と静脈をつないで、リンパ管の流れをバイパスします。

リンパ浮腫

当院での診療科:形成外科

巻き爪(陥入爪)

形成外科では、なるべく痛みが少なく日常生活に支障が出ない治療を行っています

(1)ワイヤー矯正
形状記憶合金製のワイヤー(超弾性ワイヤー)で爪を矯正します。爪が全体的に曲がっているような場合に向いています。治療期間が3~6ヶ月かかりますが、局所麻酔の注射は不要です。

ワイヤー矯正

(2)フェノール法
爪の根元を薬品(フェノール)で処理して、幅を少し細くします。爪の端が食い込んでいるような場合に向いています。局所麻酔を注射する必要がありますが、2~3週間で治ります。

フェノール法

先天異常

体の表面の生まれつきの異常を担当しています。

  • 手足(多指症、合指症)
    1~2歳で手術をすることが多いです。余った指を切除したり、くっついた指の間を広げたりします。
  • 口(口唇裂、口蓋裂、顎裂)
    段階的に手術を行います。歯の矯正や言語訓練なども必要になるため、主に大学病院などに紹介しております。
  • 耳(小耳症、埋没耳、折れ耳、副耳)
    変形のパターンによって手術する時期や方法がまちまちです。変形が強い場合などは大学病院などに紹介しております。
  • でべそ(臍突出症、臍ヘルニア)
    生後1年以内なら、手術せずに綿球などで圧迫するだけでも治ることが多いです。改善しない場合や時期を逃した場合は手術になります。とび出たへそを奥に押し込んで形を良くします。

フェノール法