診療内容

リハビリテーション科

主に整形外科・リハビリテーション科を窓口に、理学療法士7名、作業療法士3名、言語聴覚士1名で専門的に外傷や疾患のために失われた機能の改善に努めています。

医師のご紹介 外来診察表

理学療法部門

理学療法では、病気や外傷によって身体に障害を負った方を対象に、運動療法、物理療法、基本的動作訓練を行い、寝返る、座る、立ち上がる、歩くといった日常生活の基本となる動作の改善を図ります。

作業療法部門

作業療法では、さまざまな作業を行うことにより、日常生活動作の中で、応用的動作(食事、更衣、排泄、入浴、整容動作など)の改善を目的に治療、訓練を行っていきます。実際の生活場面を想定し、キッチンや浴槽なども設置しています。

言語聴覚療法部門

言語聴覚士により、脳血管疾患などの方で、言語障害や摂食、嚥下障害に対する治療、訓練を行います。嚥下障害に対しては、ビデオ嚥下造影(VF)検査を行って判断しています。