新しい時代に貢献できる人材。岡山赤十字看護専門学校。

活躍している卒業生の紹介

安達大祐さん(平成24年卒業)

安達大祐さん(平成24年卒業)

私は、今年の4月から看護師としてICU病棟に勤務しています。ICU病棟は、重症な患者さんや緊急度の高い患者さんが多く、急な入院や入室があり緊迫感のある病棟です。患者さんには多くのモニターやチューブ類が装着されていることが多く、モニターの管理や正常に動作しているか確認が必要です。また、患者さんの少しの変化も見逃さずに観察し、状態の変化に応じて柔軟かつ迅速に医師をサポートすることも大切な役割です。初めは病棟の雰囲気に慣れず、戸惑いや不安、焦りでいっぱいでしたが、プリセプターの看護師や他の先輩看護師がいつも声をかけて下さり、わからないことがあれば丁寧に教えて下さるのでひとつひとつのことをしっかり覚えることができています。

 

私がこれから課題とすることは、責任をもって患者さんの看護を行うことです。責任をもって患者さんの看護を行うためには、積極的に疾患や治療・看護の知識を得ることが必要です。分からないことがあればすぐに調べ、それでも理解できない時は先輩看護師に聞き理解しようと努力することを心掛けています。また、患者さんの毎日の観察や処置・援助では、患者さんの様子がいつもと違ったり、おかしいと思ったことがあればすぐに、報告・連絡・相談をすることが必要です。患者さんの訴えをしっかり聞き、全身状態を観察した上で適切な報告を行い、異常の早期予防・発見に努めていきたいです。これらの課題を果たせるよう日々の業務で経験を積み重ね、勉強会への参加・自己学習を行い自己啓発に努めていきたいと思っています。

段林宏美さん(平成22年卒業)

私は助産師の資格をとるために、専門学校を卒業してから大学の3回生に編入しました。そして、4月から当院の産婦人科病棟で助産師として働いています。私が助産師を目指したのは、当院での母性実習で分娩見学させて頂いたのがきっかけなので、思い入れのある病院で働けていることに感謝しています。9月から分娩部での業務にも入らせてもらい、現在3名の正常分娩に立ち会うことができました。少子化の影響から、お産は正直なところ少なくなっており立ち会える機会は少ないですが、だからこそ私にとっても、一人一人のお産は忘れられない大切な思い出になっています。先輩方の指導もとても熱心で、丁寧にして下さるので、環境にも恵まれ楽しく働くことが出来ています。みなさんも講義や実習を乗り越えて、素敵な看護師になることを祈っています。一緒に頑張っていきましょう。

安達大祐さん(平成24年卒業)

藤井昌子さん(平成12年卒業)

安達大祐さん(平成24年卒業)

2009年にがん性疼痛看護認定看護師として認定を受けました。現在は、呼吸器に疾患をもつ患者さんを中心とした病棟で働いています。
がんの治療を受けておられる患者さんの多くが、診断時から痛みを抱えていると言われています。痛みは、身体的な苦痛をもたらすことはもちろんのこと、心や社会生活にも大きな影響を及ぼし、がん患者さんのQOL(生活の質)を著しく低下させます。
しかし、日本において、未だ疼痛緩和は十分とは言えず、痛みを抱えて苦しんでおられる患者さんが少なくありません。痛みは、患者さんが自分自身のことを決める(意思決定)のを妨げ、その人らしく生きていくことを困難にさせる要因となってしまいます。
私は、認定看護師として、痛みを抱えた患者さんや家族が、その人らしく生きていくお手伝いをしている最中です。