検査部は、病気の診断・治療・経過観察に欠かすことが出来ない臨床検査を行っています。血液や尿、便、体液などの採取された検体を検査する検体検査と心電図、脳波、超音波検査など患者さまに接して検査する生理検査の2つに大別されます。当検査室は、救急診療に必要な検査を24時間実施しています。

検体検査

生化学・免疫血清検査

患者の皆さんより採取した血液・尿などの体内成分(電解質・脂質・蛋白・酵素・血糖・ヘモグロビンA1c、ホルモン・腫瘍マーカー・感染マーカーなど)を検査します。外来検査においては、診察前に検査結果を報告する迅速対応を行っています。
外部精度管理調査の参加及び日々の内部精度管理を行い、精度の高い検査結果を報告するよう務めています。

自動分析装置(生化学・免疫連結機)

血液検査

自動血球分析装置

血液部門では赤血球数、白血球数などを測定し、貧血や炎症などを調べています。また,血液や骨髄の標本を顕微鏡で見て、白血病など血液の病気なども調べています。血液が正常に固まるか、また、血液をサラサラにするお薬を飲まれている患者の皆さんのお薬の量の調節に役立っています。

輸血検査

専用の自動分析装置、輸血管理システムを使用して、血液型検査、不規則抗体スクリーニング検査、交差適合試験、輸血用血液製剤の一元管理など安全な輸血が行われるよう、輸血に関わる検査全般を行っています。その他、自己血貯血の採血補助、製剤管理も行っています。

血液型分析装置

一般検査

自動尿中有形成分分析装置

一般検査では血液以外の尿・便・体腔液(胸水・腹水)・髄液・関節液などの成分や細胞の有無を分析装置や顕微鏡を使って検査しています。
最大の特徴は、非浸襲的に採取された検体を用いて、短時間で検査を行うことができることです。
尿検査は腎臓・尿路などの病気や糖尿病、便検査は消化管出血や寄生虫などの診断に役立ちます。

細菌検査

細菌検査では感染症が疑われる患者さんの便・喀痰・膿・分泌物・尿などの排泄物や血液・穿刺液(胸水・腹水・髄液)・組織などから原因となる細菌(病原性大腸菌O-157、ブドウ球菌、結核菌など)を特定し、どの抗生物質が治療に有効かを検査しています。
また、感染対策チーム(ICT)にも参加しており、感染による情報を分析し、MRSAや多剤耐性緑膿菌などによる病院内の感染防止に努めています。

自動感受性同定分析装置

生理検査

ABI-PWV検査

生理検査部門は、検査技師が直に受診者の皆さまと接して検査を行っています。
心電図、呼吸機能、脳波、神経伝導速度、腹部・血管・心臓のエコー検査など生理機能に関する検査を実施します。
糖尿病療養指導や心臓リハビリテーションなどのチーム医療にも参加しています。
また、健康管理センター(人間ドック)での検査も行っており、皆さまの健康増進の一助にとスタッフ一同がんばっています。

取得資格一覧

臨床工学技士 認定心電技師 心臓リハビリテーション指導士
細胞検査士 糖尿病療養指導士 認定血液検査技師
認定細菌検査技師 感染制御認定臨床微生物検査技師 認定輸血検査技師
認定一般検査技師 二級臨床検査士(病理) 二級臨床検査士(血液)
二級臨床検査士(微生物) 医療情報技師 健康食品管理士