薬剤部のスタッフ

薬剤部メンバー

私たちのモットーは“和と笑顔”です。

薬剤部

薬剤部

 薬剤部は迅速に正しい医療情報を患者さんにそして医療スタッフに提供しています。
そして院内の感染対策・緩和ケア・栄養支援などに参画しチーム医療に貢献しています。
また、保険調剤薬局との連携を大切にしております。そのためにお薬手帳を最大限に活用しようと頑張っています。

研修施設

日本医療薬学会

  • がん専門薬剤師研修施設
  • 薬物療法専門薬剤師研修施設

日本薬剤師研修センター

  • 研修受入施設
日本医療薬学会での発表

業務内容

調剤課

調剤課

患者さんの飲み薬、貼り薬を心を込めて調剤しています。
お薬の重複や服薬禁忌のチェックは2名以上の薬剤師が行っています。
外来患者さんは院外処方となっています。

製剤課

抗悪性注射薬の混合を無菌の部屋で行っています。
また、特殊製剤といわれる薬品の調製も行っています。

製剤課

医薬品情報課

医薬品情報課

最新の情報が集まる部署です。
ここから、医療スタッフに情報を提供しています。

薬剤管理課

患者さんに処方された注射薬が安心安全に使用されるよう確認し、一回使用毎にセット後病棟に払い出しています。
また、医薬品の購入・管理も行っています。

薬剤管理課

ページTOPへ

治験課

治験課

治験とは、厚生労働省から新しいお薬として承認を得るために、「薬の候補」を健康な人や患者さんに使用していただいて、効果と安全性を確認する試験です。
お薬として承認されたのち、幅広く医薬品として使用されることになります。
治験コーディネーター(CRC:clinical research coordinator)は、治験に参加していただく患者様の安全性を確保するとともに治験を円滑にすすめるための治験協力者として、治験をサポートしています。治験課では、薬剤師1名と検査技師1名がCRCとして治験業務全般(治験事務局、治験薬管理)を行っております。

薬剤管理指導業務(服薬指導)

当院の服薬指導は、まず患者さんの想いを拝聴する事から始まります。
患者さんに安心して服薬していただけるよう、情報をわかりやすく伝えています。
情報を共有するため、看護師やMSWの同席を依頼する事もあります。

薬剤管理指導業務(服薬指導)

治験について

岡山赤十字病院の臨床試験(以下「治験」という)は、平成9年厚生省令第28号「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令(GCP省令)」に基づいて、1998年3月から実施されています。 治験は岡山赤十字病院治験業務手順書と岡山赤十字病院治験審査委員会業務手順書に従って進めますのでご協力ください。
治験手続きの概略および関係書類のダウンロードは以下でご利用いただけます。

治験書式

  ※書式22(治験受託料の経費算出基準)、
書式23(治験受託料支払通知書)の閲覧には
パスワードが必要です。
パスワードは治験事務局までお問い合わせください。

お知らせ

<統一書式について>
平成26年7月以降に契約する治験・製造販売後臨床試験については、平成26年7月1日版の統一書式を使用します。書式には記名押印又は署名が必要です。
平成26年6月以前に契約した治験・製造販売後臨床試験については、引き続き平成24年3月7日版を使用してください。

<消費税率の引き上げに伴う受託研究費等の取扱いについて>
平成26年4月1日より消費税率及び地方消費税率が8%への引き上げに伴い、平成25年9月30日までに契約締結済みの治験・製造販売後臨床試験・臨床研究・製造販売後調査については、経過措置の対象となり、費用請求日に関わらず消費税率5%が適用となります。契約期間延長や症例追加等の変更契約を行った場合は、増税分に対して新税率が適用されるため、経費の変更が生じますのでご了承ください。
消費税適用の際の基準は、費用請求日ですので、ご承知おきください。



治験審査委員会会議の記録の概要

臨床研究について

実施状況

調剤薬局の皆様へ

当院の常用薬品リストを掲載しています。ご参照ください。内容は適宜更新いたします。

薬剤部からのお知らせ

医療関係者の方へ

>>薬剤関連リンク集(厚生労働省医薬品等安全性関連情報)

治験委員会の議事録要旨等の情報については、当院治験事務局までお問い合わせください。
岡山赤十字病院 治験事務局  TEL 086-222-8811 (内線1233)