味覚、嗅覚障害のお願い

新型コロナウイルス感染の症状として、発熱や咳などはなくても、先行した味覚障害、嗅覚障害が生じることがあります。

 急性味覚・嗅覚障害に対して日本耳鼻咽喉科学会より「新型コロナウイルス(COVID-19)への対応」の方針が示されました。当院もこの方針に基づき、以下の対応をお願いしています。

<急性発症の嗅覚障害・味覚障害のみの症状の場合>
・発症後2週間は自宅療養をお願いします。不要不急の外出は避け、マスク、手洗い等をしっかりと行ってください。
・自宅療養開始後、4日間以上の37.5度以上の発熱や咳などの症状があれば最寄りの
「新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター」に相談してください。
*渡航歴(国外以外にも多数の発生者が出ている地域への旅行、出張など)や新型コロナウイルス患者との濃厚接触が疑われる場合には、上記県内の相談施設に速やかに相談してください。
・2週間以上嗅覚や味覚の異常が継続する場合には耳鼻咽喉科へお問い合わせください。

ほとんどの味覚・嗅覚障害は新型コロナウイルス感染以外の原因で生じます。しかし、岡山県での感染者の報告も増えつつある今、万が一の感染拡大を避ける為ためにご協力ください。

HOMEに戻る