診療内容

診療内容

眼科全般を診療対象としています。
近隣病院・診療所との連携を大切に、あらゆる疾患の紹介患者さん・救急患者を受け入れ、適切な検査・診療・治療を心がけています。
落ち着いた患者さんには、紹介元や適切な診療所への逆紹介をしています。

医師のご紹介  外来診察表

臨床指標

眼科全般を診療対象としています。
近隣病院・診療所との連携を大切に、あらゆる疾患の紹介患者さん・救急患者を受け入れ、適切な検査・診療・治療を心がけています。
落ち着いた患者さんには、紹介元や適切な診療所への逆紹介をしています。

臨床指標

疾患別治療の紹介

白内障

手術加療について

予定手術は月曜日か金曜日に行います。
手術申込日から手術までに、1~2回程度の受診が必要です。

外来手術(日帰り)か入院手術か

当院では、体に病気のある方やご高齢の方の手術が多いのですが、最近は通院手術をお勧めしています(日帰り手術)。


井上真由美,加藤睦子,中山正,他.眼科通院手術における患者の満足度について.岡山赤十字病院医学雑誌22:45-49,2011

井上真由美,加藤睦子,中山正,他.白内障手術における当院の役割.岡山赤十字病院医学雑誌24:15-20,2013

1.外来手術

手術当日の10時に来院頂き、外来と処置室で手術準備・手術・術後1時間安静の後、夕方には帰れます。
その後もどなたかの送り迎えで通院が必要です。

 
手術日 術日 翌日 術2-3日後 術1週間後 以後
月曜日 (月) 10時来院 (火)
8時45分
(水)又は(木)
午前
(金)又は(月)
午前
1週間後
午後手術
金曜日 (金) 10時来院 (土)
9時
(月)又は(火)
午前
(木)又は(金)
午前
1週間後
午後手術

注意事項

※手術当日は眼帯をしたまま帰宅していただくため、どなたかの送迎が必要です。

※術翌日には保護メガネになりますが、術後の見え方に慣れたり眼鏡再作成の必要があるため、少なくとも1週間はご自身で車の運転はできません。

※術後の通院は術後の経過によって上記と異なる場合があります。

 また、上記以降の通院は経過によって異なりますが、一般的には徐々に来院間隔が延びていきます。

眼内レンズについて(2020年(令和2年)11月現在)

主に、単焦点眼内レンズ、乱視矯正単焦点眼内レンズ、二焦点眼内レンズ(屈折型の遠近両用眼内レンズ)を挿入しています(いずれも保険適応)。
多焦点眼内レンズ、焦点深度拡張型眼内レンズ等についてもご相談に応じます(令和2年4月より選定療養*)。様々な要因もあって、当院で適応となった患者さまは、現時点では多くありません。

※多焦点眼内レンズ挿入に関して、令和2年4月から、それまでの先進医療から選定療養となりました。選定療養では、通常の白内障手術にかかる治療費(保険適応)に加えて、別途、多焦点眼内レンズ代の差額と多焦点眼内レンズ挿入に必要な追加検査の費用を負担していただく必要があります。(対応可能な多焦点眼内レンズの例:テクニス シンフォニーVB、テクニス シンフォニー トーリックVB、アルコンアクリソフIQレストア+2.5D(アクティブフォーカス)、アルコンアクリソフIQレストア+2.5D トーリック(アクティブフォーカストーリック)、アルコンアクリソフIQ PanOptix、アルコンアクリソフIQ PanOptix トーリック)

術後の見え方について

【手術後の見え方と眼鏡の使い方について】

手術前に、それまでの眼鏡使用法やライフスタイルに関する詳細なアンケートを行い、術後の見え方に関するご希望を伺います。その後、詳細な検査で目を評価し、多焦点眼内レンズやマイルドモノビジョンを含めて最適な眼内レンズを決めさせていただきます。状況によってはご希望と違う眼内レンズや眼鏡使用法をお勧めすることもあります。

【多焦点眼内レンズと単焦点眼内レンズの違い】

最も大きな違いは術後の眼鏡依存度です。どちらにもメリットとデメリットがあります。全ての人に境目の無い遠近両用眼鏡が合うわけではない以上に、全ての人に多焦点眼内レンズが合うわけではありません。元々の屈折(近視、強度近視、遠視、乱視など)や収差、職業や趣味、年齢などを総合的に判断して慎重に、それぞれの患者さまに合う眼内レンズを選択させていただきます。

荻野摩耶、加藤睦子、高田和子、植杉美子、中山正他:眼内レンズによるモノビジョン法の検討-第3報 術後の他覚的視機能評価と満足度について.岡山赤十字病院医学雑誌23:66-70,2012

加藤睦子,中山正,井上康,他.眼内レンズをトーリックレンズに交換し、良好なモノビジョンを得た1例.眼科手術27:637-642,2014

【白内障手術後の視力回復について】

白内障手術でどれくらい見えるようになるかは、目の他の部分に依存することが殆どです。つまり、白内障の他に目の病気がなければ良く見えるようになりますが、同じ手術をしても、白内障以外の病気があると、思うほど視力が回復しないことがあります。
例;糖尿病網膜症、黄斑変性(加齢性、近視性など)、眼底出血、緑内障、視神経萎縮、ドライアイ、角膜変性、脳神経疾患、認知症など

難治性白内障について

【難治性白内障とは】

一般的に、散瞳不良眼、チン氏帯脆弱・断裂眼、進行性核白内障、ご高齢で多くの全身疾患を合併されている方などは手術がやりにくいと言われています。また水晶体や眼内レンズの偏位・亜脱臼・脱臼眼には、次のような眼内レンズ強膜内固定術が必要になります。これらの難治性白内障も、当院では近隣施設からのご紹介を多く受け入れています。

野田拓志,加藤睦子,中山正,他. 特発性水晶体真性落屑を伴った白内障手術におけるブリリアントブルーG染色の有用性.岡山赤十字病院医学雑誌 24(1): 57-60. 2013

【眼内レンズ強膜内固定術について】

眼内レンズを水晶体嚢内に挿入することが不可能な場合や眼内レンズの偏位・亜脱臼・脱臼眼には毛様溝を経由して強膜に眼内レンズループを差し込む手術を行います。当院では、この手術を従来から多数行っており、長期成績も良好です。

加藤睦子,他.水晶体亜脱臼(Zinn小帯脆弱)への取り組みと眼内レンズ毛様溝縫着術の検討.岡山赤十字病院医学雑誌21:47-52,2010

加藤睦子,他.外傷性水晶体脱臼術後の眼圧経過と視力予後.臨床眼科66(5):685-690,2012

加藤睦子,他.眼内レンズ毛様溝縫着術の手術成績.臨床眼科67(4):503-509,2013

加藤睦子「CTR入り水晶体嚢を温存した上方ループ強膜内固定術」第5回 新手術ビデオカンファレンス2019年7月12日

難波倫江、加藤睦子、他:眼内レンズ強膜内固定術の術後成績. 臨床眼科2020 in print

緑内障

細隙灯検査、眼底(視神経乳頭)検査、眼圧測定に加えてゴールドマン視野検査、ハンフリー視野検査、OCTを用いた視神経乳頭および黄斑部神経線維層の形状解析、角膜厚測定による眼圧補正などにより総合的に早期診断、進行防止に努めています。 点眼加療が基本となり、安定化が得られた場合はご自宅近くにかかりつけ眼科を作って頂きます。点眼のみで進行を抑えることができない場合や多剤点眼加療が困難な場合には、適切な時期に手術加療(線維柱帯切開術、線維柱帯切除術、等)を行います。手術は当院でも行いますが、より進行した難症例は連携施設の緑内障専門医に紹介させて頂きます。必要に応じて、当院でも岡山大学病院緑内障専門医の外来を受診することができます。

加藤睦子,中山正,他.眼虚血症候群の血管新生緑内障にベバシズマブ前投与しトラベクレクトミートリプル手術を施行した1例.眼科51(11):1559-1565,2009

加藤睦子,他.当院でのマイトマイシンC併用線維柱帯切除術の手術成績.岡山赤十字病院医学雑誌22:38-44,2011

糖尿病網膜症

近年、糖尿病網膜症の治療が大きく進歩し、進行した糖尿病網膜症でもレーザー加療だけでなくVEGF阻害薬やステロイドの眼注併用、手術によってある程度の高い視機能を維持することが可能になってきました。しかし、糖尿病網膜症を合併した方は全身合併症も多く、当院内の糖尿病センターや腎臓内科・循環器内科と連携しながら、適切な全人治療を行っています。

中山正,加藤睦子、 他.抗VEGF抗体併用増殖糖尿病網膜症手術.岡山赤十字病院医学雑誌20 26-32.2009

網膜剥離

緊急もしくは準緊急手術で対応します。br> 目の状況や年齢に応じて、全身麻酔での網膜復位術、局所麻酔での硝子体手術を行い、初回手術で治癒可能です。

黄斑疾患

専門医が診断・治療にあたります。
加齢黄斑変性、黄斑円孔、黄斑前膜など。

OCT、OCTAでの詳細な検査が可能です。
VEGF阻害薬の硝子体内投与(アイリーア、ルセンティス、ベオビュ)も専門医が正確に行っています。加齢黄斑変性へのPDT(光力学療法)は、レーザー治療器が無いため行えません。
黄斑円孔への手術では、空気でのタンポナーデ治療に取り組み、うつむき安静・入院期間の軽減に努めています。黄斑前膜への手術は、安全な短期入院で行っています。

ブドウ膜炎

当院には自己免疫疾患センターがあり、膠原病内科を中心に、臓器横断的に各科が連携協力できる体制が整っています(膠原病内科、腎臓内科、循環器内科、呼吸器内科、血液内科、皮膚科、眼科、耳鼻科など。コメディカルスタッフ:薬剤部、臨床検査部、リハビリテーション科、精神神経科臨床心理士、看護部、事務部)。月に1度のカンファレンスや症例検討で情報共有と協力体制を整え、 数ヶ月に1度の自己免疫疾患研究会開催等で、眼科以外の総合的な知識向上に取り組んでいます。難症例は、山口大学眼科の柳井亮二先生にご高診いただき、医療連携で併診管理しています。

田邊真理子,中山正,加藤睦子,他.岡山赤十字病院におけるぶどう膜炎の統計的特徴と網膜血管炎の検討.岡山赤十字病院医学雑誌27:16-23,2016

斜視

経験豊富な視能訓練士が検査し、2ヶ月に1度火曜日午後には川崎医科大学総合医療センター長谷部聡教授の専門外来もあります。
手術は川崎医科大学総合医療センターで行います。

下山幸花,加藤睦子,高田和子,植杉美子,横山梓,中山正,他.60歳以上の症例にみられた加齢による斜視の検討.岡山赤十字病院医学雑誌27:24-28,2016

外傷

交通外傷、スポーツ外傷、化学外傷など。あらゆる外傷に対応しています。
眼窩骨折は当院形成外科と連携し、適切に手術加療します。

加藤睦子,田邊真理子,野田拓志,中山正,他. 眼窩壁骨折96例の臨床的検討.岡山赤十字病院医学雑誌 28(1): 39−48. 2017

コンタクトレンズ

難治性疾患の特殊なコンタクトレンズ(オルソケラトロジーは除く)(円錐角膜、角膜不正乱視など)を扱っています。一般的な近視用コンタクトレンズへの対応は十分ではありません。
*オルソケラトロジー、近視矯正レーザー治療・角膜疾患レーザー治療は行っていません。

検査

斜視検査、負荷屈折検査、眼鏡処方などを、経験豊富な視能訓練士4名が担当しています。

Bilateral pinhole法とオクルアを用いたHumphrey視野検査が診断に有効であった心因性視覚障害の1症例.横山梓,中山正,高田和子,植杉美子,下山幸花,他.岡山赤十字病院医学雑誌27:47-52,2016

治療

手術治療

月曜日・金曜日の予定手術の他、外来処置室での前眼部手術・眼注射、緊急手術などを随時行っています。(症例数は棒グラフ参照)

加藤睦子,他.網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫へのベバシズマブ硝子体内投与.臨床眼科63(5):683-687,2009

横山梓,中山正,加藤睦子,高田和子,植杉美子,下山幸花,他.網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫患者のQuality of Lifeの評価.岡山赤十字病院医学雑誌29:40-47,2018

レーザー治療

マルチカラーレーザー、PASCAL、YAGレーザーがあります。
近視矯正レーザー・角膜疾患レーザーはありません。