化学療法センターのご案内(平成27年5月開設)

 化学療法とは、腫瘍やがんに対して手術でなく薬剤(主に抗がん剤)を用いた治療をすることです。

 化学療法は多くの場合入院治療として行われていましたが、副作用が軽く効果の高い薬剤が開発・承認されたこと、制吐剤や骨転移治療剤などの支持療法が進歩したこと、化学療法に熟練した医療者が多くなったことから外来治療できるようになりました。

 当院では、平成14年10月に外来化学療法室を開設しました。近年のがん患者の増加に対応するため、平成27年5月南館開設に伴い、15床へ増床して化学療法センターを開設しました。

 外来化学療法では、患者さんが家庭や社会生活を維持しながら、生活の質(QOL)を損なうことなく治療に専念できることが重要になります。当院では、病院でありながら病院らしくない空間を目指して、一面の窓からの自然な採光やフローリング・壁紙の工夫、リラックスできる音楽、ドレッサー付のトイレ、季節を感じられる室内装飾など環境に配慮しています。
また、ベッドに備え付けのテレビを見たり、食事できたりと治療中の患者さんのQOLの向上に努めています。
さらに、面談室や家族サロン、図書コーナーも備えており、安心して治療を受けることができます。

 安全かつ適確な化学療法を行うことも重要です。そのため、医師・薬剤師・看護師の専任スタッフが中心となり、「レジメン登録」や「手順書の整備」、「患者さんに副作用と対処方法の説明」などを行っています。
化学療法センターには、専用の調剤室やエマージェンシールームを新設しました。

 多職種によるチーム医療を行うことで治療の質と安全を高め、患者さんや家族の心身両面の支援ができるように努めています。

化学療法センターの体制

利用ベッド 15床(リクライニングチェア12床、ベッド3床)
受付 完全予約制
利用日 平日(年末年始・祝祭日・5月28日を除く)
利用時間 9:00~17:00
利用科 内科・外科・婦人科・泌尿器科・耳鼻科・脳神経外科・整形外科
専任スタッフ 医師:別所昭宏・細川忍
薬剤師:諏訪耕三(外来がん治療認定薬剤師)
看護師:岡本みどり(がん化学療法看護認定看護師)

化学療法センター疾患別延べ患者数

肺悪性疾患食道胆道 ・ 肝膵臓大腸血液疾患乳腺後腹膜 ・ 不明婦人科泌尿器科頭頸部脳腫瘍バイオ
2015年度80632541004406146564326540113163557
2016年度811930610447752776854345155123504023
2017年度810112772383854951059572851317943994176
2018年度98352851565163933257831028813911563014305
2019年度9289334200465432380969421613497162274411

化学療法センターの風景

化学療法センターの風景

化学療法センターのアメニティ

化学療法センターのアメニティ