自己免疫疾患センターのご案内

 2014年7月、自己免疫疾患センターが開設されました。リウマチや膠原病に限定したセンターは全国にありますが、原因や治療のターゲットをより明確にした「自己免疫疾患センター」は他に類を見ず、当院独自の特色です。ただ、自己免疫疾患は、膠原病やリウマチ性疾患よりも、より多くの病気を含みますので、「挑戦的」な試みと言えます。
 関節リウマチをはじめとした膠原病、自己免疫疾患をお持ちの方は約1〜2%で、決してまれな病気ではありません。その症状は、どの臓器が自分の免疫から攻撃されるかによって極めて多彩です。従って、一人の患者さんがしばしば複数の専門診療科を受診しています。
 自己免疫疾患センターは、11の専門診療科と4つのコ・メディカル部門の参加からスタートしました。より良い、高度な医療を提供するために、この専門診療科の垣根を越えた協力体制を確立させ、拡充させていくのが当センターの使命です。

山陽新聞連載記事

自己免疫と戦う~善と悪のはざまで

山陽新聞 岡山医療健康ガイド MEDICAに掲載⑧

山陽新聞 岡山医療健康ガイド MEDICAに掲載⑦

山陽新聞 岡山医療健康ガイド MEDICAに掲載⑥

山陽新聞 岡山医療健康ガイド MEDICAに掲載⑤

山陽新聞 岡山医療健康ガイド MEDICAに掲載④

山陽新聞 岡山医療健康ガイド MEDICAに掲載③

山陽新聞 岡山医療健康ガイド MEDICAに掲載②

山陽新聞 岡山医療健康ガイド MEDICAに掲載①

スタッフ

膠原病リウマチ内科

センター長 小山 芳伸 : 部長 日本リウマチ学会専門医・指導医、日本内科学会専門医・指導医、米国リウマチ学会会員、日本リウマチ学会評議員・中四国地方会評議員
その他医師 坂本 萌 : 医師 日本リウマチ学会会員

腎臓内科

副センター長 蒲生 直幸 : 部長 日本リウマチ学会専門医、日本内科学会専門医・指導医、日本腎臓学会専門医・指導医、日本透析学会専門医・指導医

血液内科

竹内 誠 : 副病院長・部長 日本血液学会専門医・指導医、日本内科学会専門医、日本臨床腫瘍学会専門医・指導医、日本血液学会代議員

循環器内科

福家 聡一郎 :部長 日本循環器学会専門医、日本内科学会専門医・指導医、日本心血管インターベンション治療学会専門医

総合内科

藤原 隆行 : 部長 日本内科学会専門医・指導医、糖尿病学会専門医

糖尿病・内分泌内科

渡辺 恭子 : 部長 日本糖尿病学会専門医・指導医、日本内科学会専門医・指導医、日本人間ドック学会専門医・指導医、日本抗加齢学会専門医、日本医師会認定産業医、日本医師会スポーツ医

呼吸器内科

佐久川 亮 : 副部長 日本呼吸器学会専門医・指導医、日本内科学会総合内科専門医・認定医、日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡指導医・気管支鏡専門医、日本エイズ学会認定医・指導医

消化器内科

秋元 悠 : 医長 日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医

皮膚科・形成外科

馬屋原 孝恒 : 部長 日本皮膚科学会学会専門医・指導医

眼科

加藤 睦子 : 部長 眼科専門医、PDT(光力学療法)認定医、日本眼炎症学会会員

耳鼻咽喉科

濵田 浩司 : 医長 日本耳鼻咽喉科学会専門医・研修指導医

精神神経科

東郷 和美 : 臨床心理士

リハビリテーション科

鳥越 由美恵 : 作業療法士

コ・メディカル部門

薬剤部 森 英樹 : 部長、薬剤師
臨床検査部 林 栄子 : 臨床検査技師
看護部 片山 優子 : 病棟師長、看護師
事務部 藤田 里美

自己免疫疾患センターと院内、地域内での連携

自己免疫疾患は症状が多彩であるため、どの専門診療科にも初診として受診する可能性があり、診断は簡単でないことがほとんどです。自己免疫疾患センターでは、各々の病気や新薬に関する最新の情報を各科で共有できるよう努めています。
また、自己免疫疾患はそれ自体が命にかかわる場合もありますが、最も患者さんの予後に影響するのは感染症です。自己免疫疾患の患者さんは、もともと免疫の病気であるために、感染症が重症化し易く、免疫抑制剤を治療で用いるとその危険性はより大きくなります。感染症はいつでも、どこの臓器にも起こりえるため、院内専門各科だけでなく、地域医療機関との連携が極めて大切です。

自己免疫疾患センターと医学研究

自己免疫疾患はまだ、完治する病気ではなく、病気になるメカニズムも完全に解明されていません。当センターでは国内外の大学、研究機関、地域の病院と連携し、病気の解明・克服のための研究を行っています。研究の成果は毎年、国内外の学会などに発表しています。

研究テーマと院外共同研究機関 (2021年 9月現在)

*)研究代表者在籍施設

  • 全身性強皮症に伴う肺高血圧症の早期発見スクリーニング法、新規治療法開発の為の探索的研究
    • 岡山赤十字病院 膠原病リウマチ内科*、循環器内科、皮膚科
    • 岡山大学 循環器内科学
    • 岡山大学 免疫学
  • 皮膚筋炎、合併する間質性肺炎について、末梢血遺伝子発現解析を用いた病態解明研究
    • 岡山赤十字病院 膠原病リウマチ内科*、放射線科、皮膚科
  • 関節リウマチと脂質代謝:分子標的薬使用が脂質代謝に与える影響についての観察研究
    • 岡山赤十字病院 膠原病リウマチ内科*、放射線科
  • 末梢血遺伝子発現解析を用いたIL-6阻害と逆説的好中球活性化に関する研究
    • 岡山赤十字病院 膠原病リウマチ内科*、皮膚科
  • 肺非結核性抗酸菌症合併関節リウマチ患者に対する免疫抑制治療が患者予後に与える影響に関する観察研究
    • 京都府 京都第一赤十字病院*
    • 岡山赤十字病院 膠原病リウマチ内科、全国日赤病院膠原病グループ
  • 関節リウマチの発症、病態に関わる歯周病原細菌に関する研究
    • 岡山大学 歯周病態学*
    • 岡山赤十字病院 膠原病リウマチ内科
  • MTX関連リンパ増殖性疾患(MTX-LPD)の病因・病態解明に関する研究
    • 岡山大学 第二病理学*、腎・免疫・内分泌代謝内科学
    • 岡山赤十字病院 膠原病リウマチ内科
    • 新潟薬科大学 薬学部
  • 深層学習を用いた体軸性脊椎関節炎の探索的画像評価研究
    • 大阪大学 運動器バイオマテリアル学*、東京農工大学 知能情報システム工学
    • 岡山赤十字病院 膠原病リウマチ内科
    • 岡山赤十字病院 膠原病リウマチ内科、北海道大学 免疫代謝内科、山形大学 整形外科、埼玉医科大学 整形外科、順天堂大学 膠原病内科、聖路加国際病院 リウマチ膠原病センター、桑名市総合医療センター 膠原病リウマチ内科、天理よろづ相談所病院 総合内科、大阪南医療センター 免疫異常疾患研究室、大阪市立総合医療センター 総合診療科、大阪市立大学 整形外科、兵庫医科大学 リウマチ膠原病科、香川大学 血液・免疫・呼吸器内科、高知大学 内分泌代謝・腎臓内科、佐世保中央病院 リウマチ膠原病センター

研究業績

<原著論文 2014年〜抜粋>

  1. Fukuda, W., T. Hanyu, M. Katayama, S. Mizuki, A. Okada, M. Miyata, Y. Handa, M. Hayashi, Y. Koyama, K. Arii, T. Kitaori, H. Hagiyama, Y. Urushidani, T. Yamasaki, Y. Ikeno, T. Suzuki, A. Omoto, T. Sugitani, S. Morita and S. Inokuma (2019). “Risk stratification and clinical course of hepatitis B virus reactivation in rheumatoid arthritis patients with resolved infection: final report of a multicenter prospective observational study at Japanese Red Cross Hospital.” Arthritis Res Ther 21(1): 255.
  2. Fukamatsu, H., Y. Hirai, T. Miyake, T. Kaji, S. Morizane, E. Yokoyama, T. Hamada, T. Oono, Y. Koyama, S. Norikane and K. Iwatsuki (2019). “Clinical manifestations of skin, lung and muscle diseases in dermatomyositis positive for anti-aminoacyl tRNA synthetase antibodies.” J Dermatol 46(10): 886-897.
  3. van der Heijde, D., J. Cheng-Chung Wei, M. Dougados, P. Mease, A. Deodhar, W. P. Maksymowych, F. Van den Bosch, J. Sieper, T. Tomita, R. Landewe, F. Zhao, E. Krishnan, D. H. Adams, B. Pangallo, H. Carlier and C.-V. s. group (2018). “Ixekizumab, an interleukin-17A antagonist in the treatment of ankylosing spondylitis or radiographic axial spondyloarthritis in patients previously untreated with biological disease-modifying anti-rheumatic drugs (COAST-V): 16 week results of a phase 3 randomised, double-blind, active-controlled and placebo-controlled trial.” Lancet 392(10163): 2441-2451.
  4. Nakagawa, J., Y. Koyama, A. Kawakami, Y. Ueki, H. Tsukamoto, T. Horiuchi, S. Nagano, A. Uchino, T. Ota, M. Akahoshi and K. Akashi (2017). “A novel scoring system based on common laboratory tests predicts the efficacy of TNF-inhibitor and IL-6 targeted therapy in patients with rheumatoid arthritis: a retrospective, multicenter observational study.” Arthritis Res Ther 19(1): 185.
  5. Fukuda, W., T. Hanyu, M. Katayama, S. Mizuki, A. Okada, M. Miyata, Y. Handa, M. Hayashi, Y. Koyama, K. Arii, T. Kitaori, H. Hagiyama, Y. Urushidani, T. Yamasaki, Y. Ikeno, T. Suzuki, A. Omoto, T. Sugitani, S. Morita and S. Inokuma (2017). “Incidence of hepatitis B virus reactivation in patients with resolved infection on immunosuppressive therapy for rheumatic disease: a multicentre, prospective, observational study in Japan.” Ann Rheum Dis 76(6): 1051-1056.
  6. Fujii, M., Y. Sato, N. Ohara, K. Hashimoto, H. Kobashi, Y. Koyama and T. Yoshino (2014). “Systemic IgG4-related disease with extensive peripheral nerve involvement that progressed from localized IgG4-related lymphadenopathy: an autopsy case.” Diagn Pathol 9: 41.

<国際学会発表 2014年〜抜粋>

米国リウマチ学会(ACR)

  1. Y. Koyama, Y. Sato ,T. Shoji, S. Fuke, T. Umayahara, M. Sakamoto. “Up-regulation of TNFα Gene in Peripheral Blood Is Useful for Predicting the Development of Exercise-induced Pulmonary Hypertension, Which Is Early Stage of Pulmonary Vascular Disease Associated with Systemic Sclerosis.” (Web, 2021)
  2. Y. Koyama, Y. Sato , H. Iijima, M. Sakamoto, T. Higuchi. “Targeting to IL-6 or specific JAKs for RA treatment: Seeking a rationale for switching each other if one of these treatments resulted in lack of efficacy.” (Washington DC, 2020)
  3. Y. Koyama, A. Senoo, K. Otsuki, M. Sakamoto, Y. Sato, M. Yamaguchi, T. Higuchi. “Skin lesions as a side effect of anti-IL6 therapy: Transcriptome analysis of peripheral blood shows a risk of paradoxical neutrophil activation and exacerbation of skin ulcer.” (Atlanta, 2019)
  4. Y. Koyama, S. Fuke, T. Ohno, Y. Sato T. Higuchi. “Gene Expressions of TMEM176A and TMEM176B Were Prominent at the Stage of Subclinical Pulmonary Vascular Disease in Systemic Sclerosis.” (Chicago, 2018)
  5. Y. Koyama, S. Fuke, Y. Sato, T. Higuchi. “Focusing on Pulmonary Vascular Disease at Early Stage of Systemic Sclerosis: Exercise-Induced Pulmonary Hypertension and a Gene Co-Expression Network Involved in the Pathogenesis.” (San Diego, 2017)
  6. Y.Koyama, M.Tanino. S.Nagano, T.Ota, T.Higuch. “Detecting the pulmonary vascular involvement and the changes in gene activation profiles at early stage of systemic sclerosis in patients with Raynaud phenomenon.” (Washington DC, 2016)
  7. Y.Koyama, M.Tanino. S.Nagano, T.Ota, T.Higuch. “Targeting IL-6 Versus Targeting JAK or SYK? : An Analysis of Transcriptome Alteration in Peripheral Blood By RA Treatment.” (Boston, 2014)

欧州リウマチ学会(EULAR)

  1. Y. Koyama, Y. Sato , T. Shoji, S. Fuke, T. Umayahara, M. Sakamoto. “Detection of the gene expressions in peripheral blood involved in the progression of pulmonary vessel disease at the subclinical stage of pulmonary hypertension associated with systemic sclerosis.” (Paris France, 2021)
  2. Y. Koyama, Y. Sato , H. Iijima, M. Sakamoto, T. Higuchi. “Affecting common biological processes or disparate?: Comparison of gene-expression modification profiles among targeting IL-6 and targeting specific JAK treatments.“ (Frankfurt Germany, 2020)
  3. M. Sakamoto, A. Senoh, Y. Sato, H. Iijima*, M. Yamaguchi, T. Higuchi, Y. Koyama. “Paradoxical neutrophil activation by anti-IL6 therapy:Transcriptome analysis shows a rationale for dermatological adverse reactions and decreased neutrophil counts after Tocilizumab treatment.” (Frankfurt Germany, 2020)
  4. Y. Koyama, S. Fuke, Y. Sato, A. Senoo, T. Higuchi. “Up-regulation of TMEM176A and TMEM176B in peripheral blood cells, a possible biomarker for the development of early pulmonary vascular disease in systemic sclerosis.” (Madrid Spain, 2019)
  5. Y. Koyama, S. Fuke, T. Ohno, Y. Sato T. Higuchi. “Early Detection of the Changes in Pulmonary Arterial Pressure and Vascular Functions in Systemic Sclerosis: Exploring Non-invasive Clinical Test Methods and Underlying Gene Expressions.” (Amsterdam, Netherlands, 2018)
  6. Y. Koyama, S. Fuke, Y. Sato, T. Higuchi. “Exercise-induced pulmonary hypertension in systemic sclerosis patients: transcriptome analysis of peripheral blood at the early stage of the disease.” (Madrid Spain, 2017)
  7. Y. Koyama, S. Fuke, Y. Sato, T. Higuchi. “Screening for subclinical pulmonary vascular disease of systemic sclerosis. : The best non-invasive test and what we found by gene expression analysis of peripheral blood.” (London U.K., 2016)
  8. T.Higuchi, S. Fuke, T.Takagi, D.Suzuki, Y. Koyama. “Maximum Methotrexate dose seem to be an only risk factor for MTX-associated lymphoproliferative disorders development.” (London U.K., 2016)
  9. Y. Koyama, K. Numata, S. Nakamura, S. Nagano, T. Ota, T. Higuchi. “Comparison of gene-expression modification profiles between targeting IL-6 and targeting JAK treatment: Effecting common biological processes or disparate?” (Roma Italy, 2015)
  10. J.Nakagawa, A Kawakami, Y Ueki, T.Horiuchi, A.Uchino, T.Ota, S.Nagano, Y.Koyama, “L-6 inhibitor or TNF inhibitor? Validation of a newly proposed scoring method to predict preferable treatment for rheumatoid arthritis.” (Paris France, 2014)
  11. T.Higuhi, A.Nakamura, M.Tanino, Y.Koyama. “Association of obesity with rheumatoid arthritis: The visceral/subcutaneous fat ratio affects disease activity, resistance to methotrexate treatment and the expression of FAS gene in peripheral blood.” (Paris France, 2014)

自己免疫疾患研究会・免疫学講座の開催

自己免疫疾患の治療薬は、免疫全体を抑える治療から、過剰な免疫反応の「カギ」となる分子を標的とした治療へ変わりつつあります。これら分子標的薬は数多く開発されており、同じ薬が複数の病気に用いられ、リウマチ科、消化器科、眼科、皮膚科・・と多くの診療科で使用されています。このような薬剤の使用にあたっては、その分子がかかわる免疫反応をよく理解しておく必要があります。しかし、毎年のように新薬が発売され、その情報をキャッチアップする事は容易ではありません。当センターでは、定期的に最新の情報を共有する場を提供しており、院外の医療スタッフの方々にもご参加いただいています。
各診療科が持ち回りでテーマを定め、知識を共有し合う「自己免疫疾患研究会」や、最新の免疫学を分かりやすく学べる「免疫学講座」をそれぞれ開催しています。いずれも免疫が非専門の医師、医療従事者を想定した内容になっています。皆様のご参加をお待ちしています。

自己免疫疾患研究会と開催実績

第19回 2022年3月開催予定
基調講演 「リウマチ膠原病領域のステロイド高血糖(仮)」
糖尿病・内分泌内科 部長 渡辺恭子先生 
特別講演 演者未定
第18回 2022年1月21日開催予定
基調講演 「消化器領域におけるTNF阻害薬と胆膵領域の話題(仮)」
消化器内科 医長 秋元悠先生
特別講演 「自己免疫性膵炎について(仮)」
倉敷中央病院 病理診断科 主任部長 能登原憲司先生
第17回 2021年7月30日
基調講演 「ANCA関連血管炎における肺病変」
呼吸器内科 副部長 佐久川亮先生
特別講演 「自己免疫性疾患に合併する間質性肺炎の臨床」
九州医療センター 呼吸器内科 部長 岡元昌樹先生
第16回 2021年3月26日
基調講演 「乾癬に合併し得る後天性血友病、乾癬と鑑別する SCLE 」
皮膚科 部長 馬屋原孝恒先生
特別講演 「薬剤によって誘発されうる自己免疫性疾患」~アザルフィジン等も原因になり得ます~
浜松医科大学 講師 藤山俊晴先生
第15回 2020年11月2日
基調講演 「一般漢方診療について」
総合内科 副部長 藤原隆行先生
特別講演 「不明熱について」
亀田総合病院 リウマチ膠原病アレルギー内科部長 六反田諒先生
第14回 2019年10月10日
基調講演 「腎臓と臓器連関」
腎臓内科 部長 蒲生直幸先生
特別講演 「AI(人工知能)と医療~AIは医療環境、診断、治療、薬剤動態も予測する」
岡山大学 腎・免疫・内分泌代謝内科 講師 喜多村真治先生
第13回 2019年4月12日
基調講演 「肺高血圧ガイダンス」
循環器内科 部長 福家聡一郎先生
特別講演 「膠原病に伴う肺高血圧症の診断と治療」
岡山大学 循環器内科学 准教授 中村一文先生
第12回 2018年11月28日
基調講演 「免疫抑制と注意すべき潜在感染症」
膠原病リウマチ内科部長 小山芳伸先生
特別講演 「膠原病診療における抗核抗体と自己抗体検査」
神戸大学 免疫内科准教授 森信暁雄先生
第11回 2018年7月19日
基調講演 「後発医薬品について」
薬剤部 部長 森英樹先生
特別講演 「自己免疫疾患と分子標的薬」
就実大学副学長 薬学部教授 見尾光庸先生
第10回 2018年2月21日
基調講演 「自己免疫疾患と眼」
眼科 副部長 加藤睦子先生
特別講演 「ぶどう膜炎の診かた、考え方」
山口大学 眼科学講師 柳井亮二先生
第9回 2017年10月27日
基調講演 「急性白血病における造血幹細胞移植」
第一血液内科 部長 竹内誠先生
特別講演 「免疫療法としての造血幹細胞移植」
岡山大学 血液内科講師 藤井伸治先生
第8回 2017年6月6日
基調講演 「自己免疫疾患~こんな皮疹に注意」
皮膚科 部長 大野貴司先生
特別講演 「DPP4阻害剤関連類天疱瘡の最新の話題」
川崎医科大学 皮膚科教授 青山裕美先生
第7回 2017年2月2日
基調講演 「当院における好酸球性副鼻腔炎について」
耳鼻咽喉科 石原久司先生
特別講演 「アレルギー性鼻炎の治療法up date」
岡山大学 耳鼻咽喉・頭頸部外科 檜垣貴哉先生
第6回 2016年10月10日
基調講演 「免疫抑制治療に合併する呼吸器感染症」
呼吸器内科副部長 佐久川亮先生
特別講演 「リウマチ膠原病の肺障害」
千葉中央メディカルセンター 猪熊茂子先生
第5回 2016年4月12日
基調講演 「肺高血圧について」
循環器内科副部長 福家聡一郎先生
特別講演 「CTD-PHの診断~当院の経験から~」
香川大学 講師 土橋浩章先生
第4回 2015年12月8日
基調講演1 「耳鼻科で診るMTX-LPD症例」
耳鼻咽喉科 小山貴久先生
基調講演2 「MTX-LPD~当院の現況と当科の臨床研究」
膠原病リウマチ内科 樋口俊恵先生
特別講演 「IgG4関連疾患 A to Z」
岡山大学 第二病理学 准教授 佐藤康晴先生
第3回 2015年7月14日
基調講演 「関節リウマチの診断とピットフォール」
膠原病リウマチ内科部長 小山芳伸先生
特別講演 「腎疾患とアフェレシス療法」
岡山大学血液浄化療法部 講師 木野村賢先生
第2回 2015年3月11日
基調講演 「自己免疫疾患センターと当科の関わり」
消化器内科  浅野基先生
特別講演 「不明熱症例から自己免疫疾患を学ぶ」
岡山大学 卒後研修センター助教 三好智子先生
第1回 2014年12月17日
基調講演 「免疫の仕組みと治療標的 Up-to-date」
膠原病リウマチ内科部長 小山芳伸先生
特別講演 「複数診療科の関わる疾患~血管炎症候群~」
岡山大学 膠原病リウマチ内科講師 佐田憲映先生

免疫学講座と開催実績

<シリーズ2:カリキュラムコーディネーター 岡山大学 免疫学 教授 鵜殿平一郎先生>

第5回 2022年後期開催予定
基調講演 演者未定
特別講演 「免疫抑制に関わるシグナル伝達経路(仮)」
第4回 2022年4月開催予定
基調講演 演者未定
特別講演 「マラリアの免疫回避機構(仮)」
第3回 2021年9月14日
基調講演 「免疫疾患における治療の選択〜血漿交換療法、免疫グロブリン大量療法」
腎臓内科 部長 蒲生直幸先生
特別講演 「腸内共生と免疫」
慶應義塾大学 薬学部 教授 長谷耕二先生
第2回 2021年3月16日
基調講演 「診療所におけるリウマチ診療~チーム医療と看護師の役割~」
長船クリニック 看護師長 中田淳子先生
特別講演 「免疫研究と臨床応用」
大阪大学 呼吸器・免疫内科学 教授 熊ノ郷淳先生
第1回 2020年9月29日
基調講演 「バイオ製剤で進歩したリウマチ・膠原病の治療と病態解明」
岡山済生会総合病院 リウマチ膠原病センター長 山村昌弘先生
特別講演 「複合がん免疫療法」
岡山大学 免疫学 教授 鵜殿平一郎先生

<シリーズ1:カリキュラムコーディネーター 徳島大学 免疫学 教授 高濱洋介先生>

第6回 2017年11月30日
特別講演 「再生医療とがん免疫」
京都大学 再生医科学研究所 再生免疫学分野 教授 河本宏先生
第5回 2017年7月10日
特別講演 「補体系と病気」
大阪大学 微生物研究所 免疫不全疾患研究分野 教授 木下タロウ先生
第4回 2017年3月21日
特別講演 「自然免疫と炎症」
大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 自然免疫学 教授 審良静男先生
第3回 2016年11月29日
特別講演 「腸内細菌と生体防御・免疫系の制御」
理化学研究所 粘膜システム研究G Gディレクター 大野博司先生
第2回 2016年7月19日
特別講演 「おのれを知る免疫システム」
徳島大学 先端酵素学研究所 所長 高濱洋介先生
第1回 2016年3月22日
特別講演 「免疫のなり立ち・破綻・制御」
徳島大学 疾患プロテオゲノムセンター 教授 高濱洋介先生

* 研修会問い合わせ先:自己免疫疾患研究会事務局
email : koumori127@okayama-med.jrc.or.jp