発表論文

  • Etanercept in combination with conventional disease-modifying antirheumatic drugs (DMARDs) in the treatment of rheumatoid arthritis patients intolerant to methotrexate.
    Koyama Y, Shiraishi H, Ohta T, Uchino A., Mod Rheumatol. 2012 Feb;22(1):100-8.
  • Adult-onset Still’s disease complicated by autoimmune hepatitis: successful treatment with infliximab..
    Fujii K, Rokutanda R, Osugi Y, Koyama Y, Ota T. Intern Med. 2012; 51(9):1125-1128.
  • A case of adult-onset Still’s disease complicated by hemophagocytic syndrome and interstitial pneumonia with pneumomediastinum/recurrent pneumothorax.
    Fujii K, Kitamura Y, Osugi Y, Koyama Y, Ota T. nt J Rheum Dis. 2012 Aug; 15(4):e60-62
  • A concomitant case of giant cell arteritis and microscopic polyangiitis with hemoperitoneum by rupture of the gastroepiploic artery..
    Fujii K, Tsutsumi T, Takaoka K, Osugi Y, Ando S, Koyama Y. Mod Rheumatol. 2012 Feb 22.
  • ystemic IgG4-related disease with extensive peripheral nerve involvement that progressed from localized IgG4-related lymphadenopathy: an autopsy case
    Fujii M, Sato Y, Ohara Y, Hashimoto K, Kobashi H, Koyama Y, Yoshino T Diagnostic Pathology 2014, 9:41 (21 February 2014)

学術集会発表(2011年8月~)

第42回 九州リウマチ学会 (2011年9月 熊本)

  • 生物化学的製剤ファーストラインとしてのtocilizumab~効果予測因子に関する研究
    中川 仁、内野愛弓、白石浩一、大田俊行、小山芳伸

第75回米国リウマチ学会 (2011年11月 米国・シカゴ)

  • Some of Subgroups in Rheumatoid Arthritis Are Difficult to Differentiate with Polymyalgia Rheumatica by a Genome-Wide Gene Expression Analysis
    Y.Koyama, C.Era, M.Tanino, D.Hidaka, T.Ota, A.Uchino

第43回九州リウマチ学会 (2012年3月 大分)

  • 生物製剤の治療前効果予測の可能性~治療開始前一般血液検査値によるトシリズマブ(TCZ)効果予測スコア
    中川仁、小山芳伸、内野愛弓、永野修司、白石浩一、堀内孝彦、大田俊行

第43回九州リウマチ学会 (2012年3月 大分)

  • 生物製剤の治療前効果予測の可能性~治療開始前一般血液検査値によるトシリズマブ(TCZ)効果予測スコア
    中川仁、小山芳伸、内野愛弓、永野修司、白石浩一、堀内孝彦、大田俊行

第56回日本リウマチ学会 総会・学術集会 (2012年4月 東京)

  • 関節リウマチ(RA)のサブグループ分類とリウマチ性多発筋痛症(PMR)~遺伝子発現解析を用いて病態を考察する
    小山芳伸、大田俊行、永野修司、内野愛弓
  • IL-6、TNFいずれの阻害が治療に有利か~RAの治療効果予測スコアリングシステムを考察する
    中川仁、堀内孝彦、内野愛弓、大田俊行、永野修司、小山芳伸

第65回欧州リウマチ学会 (2012年6月 ドイツ・ベルリン)

  • L-6 Inhibitor or TNF Inhibitor? A Scoring Method to Predicts Preferable Treatment for Rheumatoid Arthritis
    J.Nakagawa, Y.Koyama, T.Horiuchi, A.Uchino, T.Ota, S.Nagano
  • The Extra-Low-Dose Methotrexate Treatment Facilitates The Intracellular Accumulation of Longer Chain Subgroups of Methotrexate Polyglutamates
    Y.Koyama, K.Hase, D.Hidaka, S.Nagano, T.Ota, A.Uchino, J.Nakagawa

第23回日本リウマチ学会 中国・四国支部学術集会(2012年10月 宇部)

  • 関節リウマチ(RA治療に於けるMTX増量方法の再評価:細胞内代謝産物から再考する
    小山芳伸、長谷一憲、日高大輔、永野修司、大田俊行、内野愛弓

第76回米国リウマチ学会 (2012年11月 米国・ワシントン)

  • The higher and faster increasing schedule of methotrexate may not be the best: the accumulation of intracellular longer chain methotrexate polyglutamates was facilitated by the extra-low-dose methotrexate treatment.
    Y.Koyama, K.Hase, D.Hidaka, S.Nagano, T.Ota, A.Uchino

第45回九州リウマチ学会(2013年3月 沖縄)

・労作時呼吸困難を主訴に来院、全身性強皮症と診断後シェーグレン症候群と悪性リンパ腫の合併が判明した一例 安田美帆、藤井総一郎、鈴木大介、福家聡一郎、小山芳伸

第57回日本リウマチ学会(2013年4月 京都)

  • RA治療におけるMTX増量方法の再評価~細胞内代謝産物から再考する~ 小山芳伸、長谷一憲、日高大輔、永野修司、大田俊行、内野愛弓
  • 2 種類のTNF 阻害薬により血管炎をきたした関節リウマチの一例 樋口俊惠、鈴木大介、小山芳伸

第66回欧州リウマチ学会 (2013年6月 スペイン・マドリード)

  • Difference in the expression of long intergenic non-coding RNA between polymyalgia rheumatica and rheumatoid arthritis might be important for understanding and discriminating these diseases.
    Y.Koyama, M.Tanino. H.Shiraishi, S.Nagano, T.Ota, A.Uchino, J.Nakagawa, T.Higuchi

第15回アジア太平洋リウマチ学会 (2013年8月 インドネシア・バリ)

  • An autopsy case report: IgG4-related disease with dysautonomia and nonocculusive mesenteric ischemia K.Hashimoto, Y.Koyama, M.Inoue, M.Yokoyama, H.Kobashi

第77回米国リウマチ学会 (2013年10月 米国・サンディエゴ)

  • Distinctive expression profiles of Long intergenic non-Coding RNA between polymyalgia rheumatica and rheumatoid arthritis might contains helpful suggestions for understanding and discriminating these diseases
    Y.Koyama, M.Tanino. H.Shiraishi, S.Nagano, T.Ota, A.Uchino, J.Nakagawa, T.Higuchi

第28回臨床リウマチ学会(2013年11月 千葉)

  • エタネルセプト使用中、多発性筋炎症状が先行し、薬剤誘発性オーバーラップ症候群(PM+SLE)を発症した関節リウマチの一例
    樋口俊恵、小山芳伸

第25回日本リウマチ学会 中国・四国支部学術集会 (2013年12月 米子)

  • 悪性リンパ腫合併強皮症に対してRituximabを含めた化学療法後、皮膚硬化が著明に改善した一例
    高橋裕明、安田美帆、樋口俊恵、藤井総一郎、鈴木大介、小山芳伸
  • TNF阻害薬使用中、自己免疫性疾患を発症した関節リウマチの2例
    樋口俊惠、鈴木大介、小山芳伸

第47回九州リウマチ学会(2014年3月 長崎)

  • IgG4関連疾患(IgG4-RD)に類似した病態像を呈したANCA関連血管炎の一例
    樋口俊惠、難波悠介、福島正樹、小山芳伸

第58回日本リウマチ学会(2014年4月 東京)

  • 肥満と関節リウマチ (RA)~内臓脂肪/皮下脂肪比はRA活動性に影響する
    樋口俊惠、中村明彦、小山芳伸

第66回欧州リウマチ学会 (2014年6月 フランス・パリ)

  • ・IL-6 inhibitor or TNF inhibitor? Validation of a newly proposed scoring method to predict preferable treatment for rheumatoid arthritis.
    J.Nakagawa, A Kawakami, Y Ueki, T.Horiuchi, A.Uchino, T.Ota, S.Nagano, Y.Koyama,
  • ・Association of obesity with rheumatoid arthritis: The visceral/subcutaneous fat ratio affects disease activity, resistance to methotrexate treatment and the expression of FAS gene in peripheral blood.
    T.Higuhi, A.Nakamura, M.Tanino, Y.Koyama

第78回米国リウマチ学会 (2014年11月 米国・ボストン)

  • Targeting IL-6 Versus Targeting JAK or SYK? : An Analysis of Transcriptome Alteration in Peripheral Blood by RA Treatment
    Y.Koyama, M.Tanino. S.Nagano, T.Ota, T.Higuchi

第29回臨床リウマチ学会(2014年11月 福岡)

  • RA活動性指標と精神的因子~患者/医師全般評価の乖離に気分の因子が影響する
    亀山由佳、柳島真樹、深見沙弥佳、樋口俊恵、小山芳伸
  • 肥満のタイプは関節リウマチの病態を修飾する因子である
    樋口俊恵、中村明彦、小山芳伸

第26回日本リウマチ学会 中国・四国支部学術集会 (2014年12月 高知)

  • 臨床病態がIgG4関連疾患に類似した2症例の検討
    樋口俊恵、難波悠介、西井和也、佐久川亮、蒲生直幸、大原信哉、佐藤康晴、別所昭宏、福島正樹、吉野正、小山芳伸

第59回日本リウマチ学会(2015年4月 名古屋)

  • 高度の嚥下機能障害を伴い全身状態不良(PS4)であった肺癌合併の皮膚筋炎症例に対し、根治手術を行い得た一例
    樋口俊惠、小山芳伸
  • MMP-3過剰産生は、関節リウマチにおける間質性肺疾患合併に関与している可能性がある。
    樋口俊惠、小山芳伸
  • 運動負荷心エコーで評価可能なsPAP/COスロープは、maxTRPGと共に、強皮症のサブクリニカルな肺血管障害の指標に有用な可能性がある
    樋口俊惠、小山芳伸

第67回欧州リウマチ学会 (2015年6月 イタリア・ローマ)

  • Comparison of Gene-Expression Modification Profiles between Targeting IL-6 and Targeting JAK Treatment: Effecting Common Biological Process or Disparate?
    Y.Koyama, K.Numata. S.Nagano, T.Ota, T.Higuchi

(2015年8月現在)

自己免疫疾患研究会の開催

自己免疫疾患の治療薬は、免疫全体を抑える治療から、過剰な免疫反応の「カギ」となる分子を標的とした治療へ変わりつつあります。炎症を起こすサイトカインであるTNFを標的とした治療薬をはじめ、同じ薬が複数の病気に用いられる傾向にあります。これらの薬は、リウマチ科、消化器科、眼科、皮膚科・・と多くの診療科で使われます。このような免疫分子標的薬の使用にあたっては、その分子がかかわる免疫反応をよく理解しておく必要があります。しかし、毎年のように新薬が発売され、その情報は容易ではありません。当センターでは、定期的に自己免疫疾患研究会を開催しており、最新の情報を共有する場を提供しています。研究会は、院外の医療スタッフの方々にもご参加いただいています。

自己免疫疾患研究会開催実績

第一回(2014年12月17日 岡山赤十字病院 研修室)
講演1 免疫のしくみと治療標的 up-to-date」
岡山赤十字病院  自己免疫疾患センター センター長
膠原病リウマチ内科 部長  小山 芳伸 先生
講演2 「複数診療科の関わる疾患~血管炎症候群~」
岡山大学病院 膠原病・リウマチ内科
講師 佐田 憲映 先生
第二回(2015年3月11日 岡山赤十字病院 研修室)
講演1 「自己免疫疾患センターと当科の関わり」
岡山赤十字病院  消化器内科  浅野 基 先生
講演2 「不明熱症例から自己免疫疾患を学ぶ」
岡山大学医療教育統合開発センター 助教
岡山大学病院 卒後臨床研修センター 医科研修副部門長
三好 智子 先生

第三回(2014年12月17日 岡山赤十字病院 研修室)

講演1 ショートレクチャー「関節リウマチの診断とピットフォール」
岡山赤十字病院 自己免疫疾患センター センター長
膠原病リウマチ内科 部長 小山 芳伸 先生
講演2 「腎疾患とアフェレシス療法」
岡山大学病院 腎・免疫・内分泌代謝内科
講師 木野村 賢先生

* 研修会問い合わせ先:自己免疫疾患研究会事務局